BREAKING DAWN(仮)

阪本奨悟のしぶといファンをしています

「阪本奨悟」という人

2月10日、17日両日に阪本奨悟出演のライヴに行ってきたわけだが。


(長いのでたたみました 13/04/27)
(このエントリへのアクセス数が多いので加筆修正 14/6/13)
(加筆修正 15/2/06)


なんていうか、変わってなかった。
12月25日のライヴには行っていないからそのときの様子はよくわからないけれど*1、10日はシリアスで17日は砕けた印象。
10日は三連休の中日で、1月中にチケット売り切れ、最前列をのぞいてスタンディング状態やったので、とにかく今の奨悟がどうなってるのか知りたくて駆けつけた人が多かったように思える。遠征組の方もちらほらいたし。
そんな中で、そういう人たちに向けた言葉は、

12月にもこうしてライブを行いました。
僕の中で前に進みたいけどぶつかってて、迷ってたんですよ。
休業になって、契約も切れてて。奨悟どうしたのかな?変わっちゃったのかなと皆さん思ったかもしれません。
でも僕自身変わったつもりはなくて、ただまっすぐに生きたいように生きようとしています。
今はまだまだなんで。これから沢山いい曲を作りたいし、伝えたいこともいっぱいあるし、見せたい景色もあるし。(すごくさらっと言う)
ここが(ステージのフロアを指差す)階段の一段目を上りだしたところだから。
みんなとこうしてライブできてよかったです。ありがとうございます。

※勝手ながらしまこさん Twitter / Account Suspended のツイートより引用しました。ご協力ありがとうございますm(_ _)m)このような旨のことを言っていたということで、奨悟くんの言葉そのままでないことをご了承ください。
(2013/02/21追加)


12月のライヴのことを知ったのは2chスレで(まだ諦めきれない奨悟厨なもんで時々のぞいている)、年明けてからだったのでリアルベッドでジタバタして悔しがりました。wwww
ツイッターは定期ツイートが検索の邪魔をしていたのでそれからはもうスレに日参して情報チェックしていたんだけども、10日のライヴの情報が出るや否や予約しました。
そういう方も多かったんじゃないかと思ってます。


で、だ。
「現在」の奨悟がどうしているのかどうなっているのかなにを考えているのかとにかく知りたくてライヴに来た人がほとんどだったと思うのです。
だから、奨悟は上記のような、決意表明、をしたと思う。
わたしの10日の感想*2は本当にさらりとしか書いてないけど、なんかもういろいろな思いがぐちゃぐちゃに混ざってこれくらいしか文章化できんかったのね。
たぶん今10日の感想書いたとしても、それは別物やし。


とりあえず10日は曲は暗い曲調が多かった。笑
奨悟自身も言っていたけど、暗かったなー。
そういう雰囲気が余計にそのときの気持ちに拍車をかけたよなあ。
そりゃ確かに「おかえり」の気持ちはあるし、再び姿を現してくれてうれしかったよ。
でも、あれだけ推されていた環境を捨てる決意を奨悟にさせたものって一体なんだったんだろうと思って。
一番ぐっと来た言葉が

僕の中で前に進みたいけどぶつかってて、迷ってたんですよ。

なにがぶつかっていたんだろう。なにを迷っていたんだろう。
休業や契約終了の理由についての噂はあるけどね、いつか奨悟がそれについて言及してくれたら「あの当時」の奨悟を吹っ切れる気がする。


「あの当時」の奨悟ってなんぞやって話なんだけども、やっぱりフェードアウトする前。
奨悟が順風満帆にキャリアつんでった時期。
wkwkしながら見ていた時期。
わたしの中では2009年から2010年。
2009年に友達きっかけで「あいつこそは〜」の動画を知り、なにこれテニミュ面白いやんってなって初代を見ていたら四代目に興味を持ったのね。
で、そのときの奨悟を見てあまりにもキラキラしてたから、「わたしこの子応援する…!!!」状態に。笑
5月のドリライ6thに行ってからは奨悟奨悟四代目四代目奨悟奨悟…エンドレス、言っていたのでテニミュをあまり知らない友達からでさえ誕生日プレゼントは

MUSICAL THE PRINCE OF TENNIS 2008 SUMMER (愛蔵版コミックス)

MUSICAL THE PRINCE OF TENNIS 2008 SUMMER (愛蔵版コミックス)

でした。
あと待ち受けは

でした。
※奨悟ブログより(リンク切れhttp://shogo.amuse.sub.jp/)
奨悟と神木くんのコンビがドツボで大好きだった。
そのときまでw-inds.くらいしかなかったんだけども、奨悟はほんとにずっと応援する!!って無駄に決意してたなあ。


単独イベントもやって成功させて、そいで連続ドラマ出演時*3は楽しかったなぁ…と。
2クール連続だったしね!!
個人的には奨悟の歌声が好きで、そこまで演じている姿が好きというわけではなかったけど、やっぱりテレビに出てくれるのがうれしかった。
なんてったって、周りに「わたしが好きなのはこの子なの!!」とか言えるわけだから…
と思ったら当時浪人時代で周りに言える友達いなかったから言ってなかったーーー
授業の合間に予備校抜け出して2010年のバースデーイベントにも参加したしw、なかなか奨悟のために行動力に富んでた時期でした。*4


舞台やイベント、ドラマと順風満帆に見えた奨悟のキャリア。
だけど、2011年に入ってから奨悟の歩みがぴたっと止まってしまった。
大河ドラマ「江」にもほんのちょい役だったけど出演していて、wktkしていたのに、ぴたっと止まってしまった。
向井理と稽古に参加してうんぬんのインタビューを読んでwktkしていたのに、ぴたっと止まってしまった。
あれ?、あれ?って思っていたら2011年12月31日契約終了のお知らせ。


今でも

を見るのを迷っている。



Amuse presents「THE GAME 〜Boy's Film Show〜」でも、前列メンバーだった奨悟。*5
網っ子でも確実に推されていた奨悟。


比較的未来を保証されていたであろう彼の契約終了のお知らせ。
安定してメディア通じて、イベント通じて彼を見れると思っていたのにね。
どんな姿をわたしたちに魅せてくれるんだろう、とわくわくしていた。前進あるのみだった。
だけども、それは終わってしまった。
「あの当時」の奨悟には二度とあえなくなってしまったわけです。


で、今。
あのまんまでっかくなった奨悟は歌っていくことに焦点を定め、今一歩を踏み出している。
個人的には今の奨悟のやりたいことは全力で、静かに応援していきたいなと思ってます。
なぜなら、わたしは奨悟の歌が好きだから。
奨悟には歌い続けて欲しかった。演技よりも。
俳優業を望む人も多いと思うけれども、わたしは奨悟が歌を続けるというだけで、本当に本当にうれしい。
奨悟の今の言葉を考えるに、この子は歌いたかったんだなあと思う。
わたしは芸能に関して東京にコンプレックスを抱いているので(笑)、奨悟が大阪でアーティスト活動をすることにはほんとに全力で応援する。
もし奨悟が東京で活動していても飛んでいったよ?
でも、大阪、関西ならなおさら。
彼は「夢破れて」こちらに帰って来たのかなんかわかんないけど、もう一度こちらで歌うことを決意したんなら、こちらにいる人間としても応援する。


しかしゆうても個人的に「あの当時」、高校生だった頃のしょーごは可愛すぎだったので今のしょーごがドストライクです^///^

しょーご。―阪本奨悟ファースト写真集

しょーご。―阪本奨悟ファースト写真集

発売された当時、散々悩みに悩んだあげくわたしはショタコンじゃないし…っ!と無理やり理由つけて購入をやめました。ww
高校生でこれ買うと一線超えるやろと思ってたのよね、こんなんで購入やめたところで未来のあんたはいろいろ手遅れやけどね。笑
でも、まあ、今の奨悟を応援したいのでこれからも購入はないかな。

縁があって譲っていただきました。
どうして買わないなんて見栄をはっていたんでしょうかね。
これは買いです。
成人奨悟が好きな人でも買いです。(真顔)
(14/6/13)


奨悟が歌い続けて、どっかで過去に振り返る機会があったら、少しでいいからフェードアウトしていく時期について言及してほしい。そうしてくれたら、どんな理由であれわたしはあのときの奨悟に諦めがつくと思う。
今でもまだ、順風満帆だった奨悟を見続けたかったの。上り調子だった奨悟に諦めがつかないの。
その根源はw-inds.にあるんだけど、それはまた別にしますw


10日はとにかくシリアスだった。
再スタートを切った奨悟を見に来たお客さんに向けた言葉を等身大で伝えようとしていた。
反転、17日はちょけてた。
チョコ抽選会からふざけまくってたし、お客さんもアットホームだったし、出演者奨悟以外全員女性だったのでステージ楽しかったし、10日も17日も満足だけど、特に17日は良かった。
ちょける奨悟を見れて安心しました。うん。


支離滅裂長いエントリで申し訳ないです。いやほんと自分用だなこれ。
改めて読むとわたし結構奨悟好きやったんやな、と。笑
ゆうかりん*6も帰って来ないかな…とちらりと思ったけど、女の子と男の子じゃあやっぱり違うよね。
わたしの魂は奨悟再始動で救われたけど、ゆうかりんでまだ救われてない人は大変だ…。
と思いつつ終わりにします。
長いエントリ読んでくださってありがとうございました。


【追加】
阪本奨悟に興味を持ってもCDや写真などどこで手に入るの…?と思った方へ。
ライブで物販されていますが、通販は行っていません。
しかし、ファンサイト(阪本奨悟 unofficial site)を運営されている彩-Aya-さんが代理購入を行っています。
GOODSページから詳細が見れます。


【追加】(2015/2/6)
晴れて2014年12月27日に阪本奨悟くんはアミューズに再所属するという発表をしましたね。
ここから彼の活躍が再び見れるのかと思うと、もう涙ちょちょぎれますね。
重たいファンの叫びを書きました。↓↓↓

阪本奨悟 アミューズ復帰について - (*゜ー゜)ノシ<こんにちば!

*1:12/25ライヴに関するつぶやきまとめ阪本奨悟さん@堀江Goldee まとめ - Togetterまとめ

*2:http://d.hatena.ne.jp/chibachiwa/20130210#1360513011

*3:2010年4月-6月「素直になれなくて」、2010年7月-9月「ハンマーセッション!

*4:しかしゆうてハンマー奨悟メイン回は夏休みで受験に焦っていてすっかり忘れていて見れていないのだけど。

*5:ローソンに貼ってあったイベントポスターとかリアル欲しかったの思い出した

*6:前田憂佳ハロプロスマイレージを卒業した子。奇しくも奨悟と同じ2011年12月31日に引退。絶世のアイドルだったので諦めきれていないヲタが未だに多くいる