読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

(*゜ー゜)ノシ<こんにちば!

昔のライヴレポは若いときに書いたので察してください

2013/04/03 「Polynesian Maniac! Festival」@心斎橋JANUS

阪本奨悟 live


(加筆修正済 2013/04/07)


ほんとにほんとにいいライヴでした。
前日前々日は、ワンマンライヴのチケットの件でわたしの心は大嵐でした。
ほんとに黒くって、清らかな心でいたかったのに、ギスギスしてました。笑い事じゃなく。
TL荒らしてから、運がなかった仕方がないとなんとか諦めつけて、ライヴに行ったんですけど、さまざまなステージのおかげでわたしの心は浄化されました笑
ほんとに楽しかったです。どのステージも楽しかった、ステキだった、キラキラしてた、元気もらえた。
福永隼之介さんのステージでは泣きました。
前回のライヴは、翌日の事情で福永さんのステージ前に帰ったんやけど、後悔したわ。
こんないい歌を歌いはるなんてって。
人の歌聞いて泣くとか滅多にないので、自分にびっくりしつつ、周りの方も目元をぬぐってはる方が多かったので、ちょっと安心しました。笑
ダメ男系シンガーソングライターってなんやねんwwって最初思ってたけど、聞かず嫌いはもったいないですよ。
臨場感というか、そのときの男性側の心の状態を丁寧に歌いあげていて、わたしは女だからわかんないところがほとんどだけど、心動かされました。まじmovedでした。
Seina*さんもねー相変わらずかわいかった!せーなちゃんって呼びたい!笑
わんこの歌アンコールで歌ってくれてうれしかった!あの歌超可愛いから大好き。せーなちゃんが歌うからこそ成り立つ歌やと思う。
あぶらぜみの歌も好き。谷本さんとのセッションよかった。トークもめっっちゃ面白かったし…!!
唯一の心残りは、チケ争奪戦に負け放心状態でポールさんのステージを聞けなかったことですかね…なかなかみれないステージなのに。放心ってこういうこというんやなあと実感してました。


前置き長くなりましたが、以下奨悟くんのステージ感想です

セットリスト

1.新曲
2.心中叫
3.Treasure
4.時をかけて
5.Never

ギターを持って出てきたのはスタッフさん。
椅子やスタンドマイクを設置して、はけて出てきた奨悟くん。
再始動から初めて奨悟くんを見るお客さんが多かったせいか、小さな黄色い声がいくつか聞こえてきました。笑
「奨悟くんだー!」「ほんとに奨悟くんだ…!」みたいな。
並んでいるときにも思ったけど、春休みだからか若い子が多かったな、と。笑
2/10にわたしが見たときはとてもじゃないけど声なんか出せなくて固唾を飲んで見守っていたので、素直に声出してる子たちに対して「いいなあ若いなあうらやましいなあ戻りたいなあ」と思っていました。wwww


衣装はジャケ写と同じものでした。
黒いカーディガンに絞り染め(古くさい?笑)のトップス、ダメージ加工ジーンズにスニーカー。
「いつものと違う…!!」& 「髪の毛がうねってる…!!」という二大コンボでびっくりしました。wwww
よそいきの服…!と衝撃受けました。笑
髪形はパーマなのかと思ったけど、どうなんでしょうか。
個人的には先週がスマッシュヒットでしたけど、いやしかしかっこよかったですよ。


スタッフさんがマイクをセッティングしたとき、奨悟背高いけどそれは高いんじゃないかなあと思ってたら、奨悟くんさっそく出てきてギターの調整をしてた。

こんばんは!阪本奨悟です!元気に行きましょうかジャニス!!
(一瞬の間 笑)
客席:イェーイ!
(…マイクの位置をなおす)
客席:笑
(奨悟くんちょっと照れ笑いw)
はい行きますよー?

前回発表していた新曲でした。タイトルわからないよね?
「はい行きますよー?」の「はい」のところが声低くなってて、もうすぐ二十歳なんやなあと。笑
あおったわりにマイクの位置そこでなおすかと思ったんやけど、どや顔で再びあおる奨悟くんが好きです。


新曲らしくところどころギターコードや歌詞があやふやになってんなあと思いました。
歌詞の頭のあたりがあまいとこあった。
「必ずいつか」の必ず噛んだやろwとか。笑
サビがさわやかで聞いてて楽しい。
「You can shine keep going on」から始まる韻をふんでいく部分大好き。
はじめはい行で、you can〜からはあ行で踏んでいったところは覚えてる。
歌詞にで「笑っていきましょう↑」であおったり、後奏で「ありがとう!」とか言ってたりして、今日めっちゃ攻めるやーんって思ってました。
もりあがっていきましょうのあと「フー」とか言っちゃったけどすぐ歌詞に入ってたので思いっきり失敗しました…
だって奨悟があおったら応えちゃうやん。ww


それでは手拍子お願いします!

間髪入れず二曲目へ。

(前奏中)
もっと行きましょう!
客席:フー!

今回声の調子めっちゃよかったな
音が気持ちよくあたってた。
「目にみえるものだけ」の、「の」の高音とか。
「やれるさ」の裏声も迷いなくきれいにあたってた。ここわりと苦しく出すのにね
ライトもきれいでした。
左側だけからライト当たってたとき、左の目だけ光っていて怖かったですw
心叫中でちょっと右ななめ前をみすえて歌っていたのが印象的でした。気迫があった。


改めまして阪本奨悟です!
客席:フー!
今、ここ来るまでにねー…すごいミスしてるんですよぼく。
(会場みわたして)
…水もってきてないんですっていうw
のどやばいんですよね、ごめんなさい。
……うわーやっちまったわー(ここリアルにやっちまった感w 目伏せてね)
ごめんなさいすいません!(後ろ向いて袖のスタッフさんに頼む)
ごめんね(客席に向かって)
歌ってるなかでちょっと気づいて…
これやばいやつだと思ってw
客席:笑
すいません、歌に集中しろって感じですよね
すいませんw


みなさん、今日は遅めのホワイトデーのお返し持ってきましたが
CD受け取ってもらえましたか?
客席;拍手
今チラッと聞いたんですけど、一応100枚売れたときに買えない人がいるかもしれないので
50枚プラスで持ってきたんですけど、それもみなさんのおかげでなくなりました、ありがとうございます。
(ギターを鳴らして拍手に応える中スタッフさんが奨悟のお水持ってくる)
客席;笑
ちょっとごめんなさい。
(少し飲んでボトルを見て)
少ないね…
客席;笑


5月のライヴでもすこしずつプラスしてまたCD出すのでみなさんの手にわたるようにしますのでよろしくおねがいします。
客席;拍手


今回のアルバム「THIS IS ME」にはですね、由来がちゃんとありまして、たぶんみんな薄々こういう意味なんじゃないかなと気づいているんじゃないかと思うんですけど、一応いっておきます。
人間誰でも熱くなれる瞬間があって、なにかに没頭して、その瞬間が人間はこれは自分かなと実感できる時間だと思います。
人それぞれたぶんみんな持っている瞬間だと思っていますので、それがまさに今この瞬間じゃないかと思います。僕自身がね。
なので今回のアルバム「THIS IS ME」にしました。
ありがと。
客席;拍手
(水飲んでボトル見て)
もつかな…
客席;笑


そんなアルバムの中から一曲もってきました。
過去のことはいつか未来の光となるというメッセージを歌った曲です。
聞いてください
「Treasure」

Treasure歌うと奨悟わりと汗かくみたいねw
CDでもおもったけど、この曲の音響は響きわたるかんじやった。
前回ちらっと書いたクセが抑えられていて「も、し、や…?」っておもってドキドキしてました。
自意識過剰乙ですね^o^
歌いだしとかアレンジされていて「お?」ってなった。
まぁぁぁいとれじゃあぁ とか。
高音苦しそうだったなあ。

ありがとうございます。


(スタッフさんが新しいお水(水滴ついてたからめっちゃ冷えてるやつ)持って置いてはけていく)
スタッフさんありがとうございます
優しいなー^^


ここでですね、えー僕からついったーの方にもあげたんですけど重大発表させてもらいます。
…たぶんもうみんな知ってんじゃないかなあ苦笑
客席;笑
えー、なんとですねー、
(耳に手をあてて?レス求める仕種。横目かわいかった)
客席;えー?
なんとですねー,知りたいでしょー?
客席;知りたーい
なんとですねー、阪本奨悟が、初のー?
客席;おぉー?
ワンマンライブ決定しましたー!!
客席;キャー!!
ありがとうございます!!


ありがと。
つきあってくれてありがと。笑
客席;笑
えーほんとにまあ、ちょっと語らしてもらいますけど
この道を選んでですね、とりあえず一人でライブできるようになりたいとずっと思っていて
第一の通過点として受け止めたく思います。
みなさんが一人一人足を運んでくれて、CDも買ってくれて、いろいろ応援の言葉をもらって…
僕全部読んでるですよ、手紙とかツイッターのメッセージとか全部。
そういう支援があってからこその僕なんで、そこは忘れずに、みんなにもっといい歌をかいて、
ワンマンで楽しみましょう。
来てくれるのを待ってます。
今日僕のライヴ終わってから、そのワンマンライブ、プレイガイドとかイープラスとか売り切れてみたいで…ありがとうございます。
で、今日手売りのチケットを50枚持ってきました。

客席 ど よ め き

ありがと
あとで物販の方に置いておきます
譲り合って、譲り合って?というか、嬉しいかぎりなんですが…
今度はもっといろんな人と楽しめるように大きな場所でもやれたらと思っているので,
今回来れなかった人も、次また絶対会えるように、僕がんばりますので、会いに行きますので、待っててください、おねがいします!

「なんとですねー?」を繰り返す奨悟くん超絶かわいい!でした。
しかし、みんな知ってるよね、苦笑、っていうのが、サプライズしたかったのに失敗しちゃった><感満載で、これこそやっちまったなーってやつだなと思いました。笑
手紙ツイッター全部読んでると繰り返し発言しているので、こういう応援の意を伝えることってほんと大切なんやなあと改めて感じました。
なかなか…ね、恥ずかしくてファンレターとか出せない!って方も大勢いはると思うけど、出すことって大事よ。
わたし自身、あまのじゃくで出さない方だけど、手紙を書く時間って、なんていうか、真剣に向かい合える時間やと思う。
なんて書けば喜んでくれるだろう、なんて書けば自分の思いを率直に伝えられるんだろうって考えていくうちに、自分自身が奨悟くんの歌にすごく支えられていることに気づいた。
奨悟くんかっこいいし歌もとっても素敵、簡潔に感想は書ける、でもそれ以上にもっと、もっと伝えたいことがある。ありがとうの気持ちを伝えたい。
そういうことを考えていくと、筆はなかなか進まない、でも、奨悟くんと、奨悟くんを好きな自分に「ちゃんと」向き合えると思う。
それに、正直いうと初めてライヴに行ったときお客さんの数にショック受けたのね。
その日(13/02/10)は連休の中日で対バンにしてはお客さんも多い方だったんだけれど、以前大阪で行われたBDイベントでは約300席埋めたのに…!と思って。
だから、勇気づける、っていったらおこがましいんやけど、「ここにファンはいるよ!奨悟くんの歌を待っている人間はいるんよ!」と存在を知らせたくて手紙を書くようになりました。
字は下手やけど、下書きして推敲して清書して書く時間は楽しいです。
一生懸命書いた手紙を読んでくれている、と言ってくれるのは、リップサービスでも、うれしい。
内容は目にあまり留まらなくても、ファンがいるって事実を知ってくれたらいいな、と。
こんな自分よがりな勝手なレポを書いているのでまだツイッターではメッセージ送ったことないけどね。
あと、検索機能知らないでしょと思って好き勝手つぶやいてブログ書いてるけど、今回のライヴで、見られてたらどうしよう)^o^(と不安なってきましたw
(もし知ってたら、ついったで検索機能知らないっしょってばかにしてごめんね…)
まあでもそれはそれで、こんなやつもいるってことを知ってくれたらと思いますw


ワンマンのチケットの手売りがあると聞いたときの客席のどよめきようすごかったですね。
わたしはそのとき「え、この席じゃ無理ゲーやん^^詰んでるやん^^なんでこことっちゃったんやろ^^」て思ってました。w
すんごいいい席だったんですけどね…!!
おかげでそのあとの二曲の記憶力が著しく低下しましたわー
でも、

今度はもっといろんな人と楽しめるように大きな場所でもやれたらと思っているので,
今回来れなかった人も、次また絶対会えるように、僕がんばりますので、会いに行きますので、待っててください、おねがいします!

の発言が、なんか、とってもうれしくって、待つよ!ってなりました笑
帰ってから知ったんですけど、同日℃-uteの武道館公演の発表がありました。
ここ一年苦労人という演出があったとはいえ、℃-uteの武道館を掴み取る過程を考えると、team ℃-uteって苦労もあるけど楽しかったんじゃないかなと。お互いに「行きたい」「連れて行く」と思って言い合って、結果武道館でやるからね。
どちらかといえば、今奨悟くんから来るのを待ってる感が強いんやけど、少しずつ大きいステージに立てるようにファンから応援していけたらと思います。
再び歌い始めたということは、現状で満足するつもりじゃない、と思うので。
場違いかもしれないですけど、℃-uteの武道館公演について感銘を受けた記事を紹介します。
記事中にリーダー舞美のブログ内容の引用があるんですけど、全部読むことをオススメします。
(※ただし舞美は長文で有名)
「地方から見た℃-uteと日本武道館」 - 小娘のつれづれ

えー、ちょっと座ってもいいですか?
次の曲はですね、こうして座って、歌って、ゆっくりした曲です
日本語、ちょっとわかんない…苦笑
新しい曲持ってきました、聞いてください
バラードです
「時をかけて」

前回「みなさんのために作った曲」と紹介したバラード。
「愛想笑いをまじりあうものでなく」のとこで、実生活では愛想笑いばっかやけど、確かに奨悟くんに対して愛想笑いとかせんよなと思いました。つまり奨悟くんの一挙一動にニヤニヤしてるってことなんですけどね!きもくてごめんなさい
ただひたすら優しい歌い方でした。

前回も書いたけど、こんな曲も書くようになったなんてほんとにほんとにうれしいですね、ファン冥利につきますね。
けどちょっとときどき演奏怪しい感じはした…かな?

時をかけて…という曲でした。
(若干手こずりながら、たちあがる)


ラスト一曲です
客席;えー
ごめんなさい 笑いーワンマンではもっと曲選んで、実はもっと曲書いてるんで、ワンマンでしかやらない曲もあります、できてます、またCD出してみんなに聞いてもらって楽しんでもらえたらと思います

ラスト一曲です。
えーみんなラスト手拍子もらっていいですか?
楽しんでいきましょう!
「NEVER」

盛り上がっていきましょう!とか間奏中にありがと!とか言っててこなれた感ありましたね。
最後の「描いていた 輝きは まだ消えてないぜ」の盛り上がり感が好きです
歌い慣れてるからか、これは余裕ありげやった気がする。

ありがと!
(ピック投げる)

曲終わりにピック投げて、場を騒然させたあと、さっとギターやコード片づけて奨悟くーんの声かけにさわやかに応えて捌けていったとこまでは覚えてます。
このあとはチケ争奪戦なのであまり思い出したくないよ^p^


福永さんのステージにて、Polynesian Maniac!についての中で、奨悟くんの名前チラッて出てたなー
あとはSeina*さんのステージでね!

そう、でね!阪本奨悟くん!!彼との出会いはですねー、
(奨悟くんひょっこり)
大阪でよく路上ライブ空くんですけどね、
準備してたら谷本さんが「甘いマスクの子がギター持ってうろうろしてるよ」って言ってね?
谷本さん;甘いマスクの子がね。どうする声かける?って
そう、で、隣でやってもらう?ってなって、声かけたの。歌声聞いたらめっちゃ素敵やったから今度のライヴ出てくださいよーって。
阪本奨悟くんだと全然知らなかったんですよ、ね?
初めて出てくれたのがクリスマスライヴで、今回でもう三回目?
奨悟くん;そう…ですね!

各出演者さんにコメントしていたとき、奨悟の番になると、奨悟くんが寝そべり頬杖ついた姿勢で顔だけひょっこり出しててぐうかわでした。チケとれんかったけどこの席とっててよかったと思ったよ
甘いマスクって言われたとき爆笑してたり、最後あぐらかいて座って笑ってたので、何この子超リラックスしてるやんて思ったwww
ギター持ってうろうろしてる奨悟くん見たら頭パーンってなるって考えてたら、何人か同じこと考えてる方がいたみたいで安心した。笑
なにそれ超みたい。スト見れんでもそれ見たいってなりました。



あと、どこかでかは忘れたんやけど、「優しい」って歌詞を微笑んで歌っていたのに胸キュンしました。
「微笑む」表情をしたのが印象的でした、笑顔にもいろんな種類あるなあって気づいたの。
照れ笑いとか爆笑とかどや笑顔とか、いろんな顔するんやけど優しい微笑みを見るのってそういや初めてかも。
いやああれ見れてよかったわほんと。


3/24以来の奨悟くんやったけどすんごい大人っぽくなってた。
ステージ高かったから手元がよく見えて、もう男の人の手や腕になってて、そうかーもう二十歳かーと。
久々に高校生の弟をまともに見たときを思い出した笑
いつのまにこんなにでかくなっとる、みたいな。
体も大きくなってできてくると歌も楽になってくると思うので、これからのステージも楽しみ!ですね


いつも奨悟くん、前奏や間奏で会場を見渡すんやけど今回は今まで一番大きくてステージも高かったから、あんまり客席全体を見渡す…という印象は受けませんでした。
すごくいい席で見れたんやけど、やっぱりいつもの規模よりかは遠くなっていて、「ああ、こうやって遠くなっていくんやなあ」としみじみ思いました。笑
もっと大きな会場で輝いてほしいですけど、なんだか寂しくなりますね。
歌ってる奨悟くんがキラキラして、楽しそうで、こちらも幸せになりました。
奨悟くん、ほんともう大好きだ!


あとCD聞いたけど、「あ、こういう歌い方でもOKするんや…」と思いました。
先輩ROCK YOUつんくヒャダイン回のとき、レコーディングした音をがんがん切り貼りしていくつんくのやり方見たもんで、こういうもんだと思ってたんですけど、当たり前にそればっかじゃないんですね。
無理やり勢いで進んでる部分もあるけど、これもまた今のこのスタイルでの醍醐味なんですかね。音のあたりが今回のライヴよりあまかったりしたもん。


CDの感想まで詳しく書きたかったんですけど、ええ加減長いのでそれまだ次のエントリで。
支離滅裂で長文で申し訳ないです
たぶんまたこっそり修正すると思います。w