BREAKING DAWN

ゆるくしぶといファン

2015/10/12 阪本奨悟 STARTING OVER vol.4@渋谷 eggman

ポルノグラフィティのライブが行われる大阪城ホール前で路上ライブを敢行した阪本奨悟くんにビッグウェーブが来る予感しかしない。(超贔屓目)
ので、便乗して二カ月以上前のワンマンライブのレポをあげます。^^^^
(社会人になってから一日中PCに向かってるせいか、まじで家でPC開けたくない。起動させるくらいならゴロゴロ寝ていた方が至福になる日々がくるとは…。)

ちなみに書いたのは二カ月前のテンションです。
最後まで書ききれなくてしり切れトンボですが。



セットリスト

intro
君へと届け
NEVER
ネガイヲコメテ
MC
Sunday Driving(新曲)
あの空の向こうに
MC
時を駆けて
シャララの歌
MC
雨の日も晴れの日も(新曲)
ヘイヘイララ
MC
TWILIGHT
You Can Shine
ハルカゼ

アンコール
雛の唄
MC
アスファルトに咲く花

というわけで行ってきたよ~~~~
阪本奨悟ワンマンライブ!!
そういえば前回はどんなテンションでレポ書いたっけ~?と思って自分のブログ見返したらマジで去年の学祭以来奨悟くんのレポ書いてなくて自分に引いた。いや書いておけよと。22歳の奨悟くんは今しか見れないんだよ><><
今日は一日行動してて立ちっぱなしで疲労感半端ないけど勢いで書く。それぐらい楽しかった。


全般的に明るい歌、万人受けの良い歌中心でした。
フォロワーさんが話していたけれど、学祭のセトリに向けてでは…?説が有効かと。
Simpleツアーのときは、ロックテイストで「爽やかな歌聞きたいなあ」と思ってたんだけど、今回は反対で「ロックな歌もっと聞きたいよう…」ってなりました。ファンってなんてないものねだりなんでしょうか。


初っぱなの印象。
「か、か、髪の毛…!またこいつパーマあてよったな…!!!!」
金曜日のストラボはストレートヘアーの美青年だったのに、ライブが始まったらパーマをかけたこなれた美青年になってました。当たり前だけどライブになると気合入って髪形変えてくるよね。
最近の髪形ショックはモラージュ菖蒲で、一回目のステージはストレートヘアーのド直球好青年ヘアだったのに、二回目のステージはコテ使いやがって今どきのウェーブ若者ヘアになってて、ええねん…ええねんけど!ド直球も!好きでした!!て叫びたかったです。
でも最終的には奨悟さん…かっこいい…美しい…の結論に至るので髪形はもはや問わない、ですよ。(ほんとは問いたいんですが、本人がご満悦ならそれで…ええんや…)
衣装は赤チェックのプルオーバーにグレイのシャツまでは確認した。
出てきてすぐは水色のギターでイントロ。
この瞬間を一番楽しんでるのは彼本人だなというくらい超笑顔でニコニコしながら演奏してました。
しばらく演奏したのち「君へと届け」へ。
始まって立て続けに「君へと届け」、「NEVER」、「ネガイヲコメテ」が来たときは、えっ、もうこんな大盤振る舞いしちゃっていいの?!というくらい奨悟くんは頭からめちゃめちゃノッてたしすごく楽しそうかつすごく汗かいててそれでも爽やかで「せやで君はスターやで!!」といわんばかりのキラキラでした。
君へと届け、本当に爽やか青春ソングでまじドラマ主題歌にしてや…とずっと思ってます。
放課後、教室、校舎裏、といった胸キュン、そいで苦しくなるようなワードを詰め込んで、それを、きっと学校では大いにモテたであろう奨悟くんが歌いあげるって、はい美しいよね!
(17歳のバースデーイベントで、小6?くらいの和太鼓のクラス発表の映像が披露されたとき、リーダーとしてセンターに立って掛け声かけてる姿は「もうモテるしかない」ってみんなに思わせたし、バレンタインのチョコレートも結構もらってたはず)
目を閉じてステージの真ん中に立ってることを全身で幸せに思っているような姿、を、見れてこちらも幸せです。
NEVERはねー!やっぱ演技がけて歌ってくれるの最高すぎる。
二番歌詞の頭で広げた手を見つめるとことか、「耳を傾けた」で耳に手をあてるとことか、「この世界は弱虫の集まりだ」で腕をばんって広げるとことか。
この曲は初期曲の中で、繰り返し披露されているけど、全く飽きない。
悲痛な叫びをこめていたり、反対に笑顔で歌ったり、ただただそのときの空気を最高潮に持って行ったり、いろんな表情があっておもしろい一曲だと思います。
ネガイヲは、ああわたしも幸せや…!と思わせてくれるほど奨悟くんは超笑顔でした。
指さしいただきました。といいたいくらい観客ににこにこしてくれたよ。
ぴょこぴょこその場足踏みしながら楽しそうに歌うからすっごくこっちも幸せになった。ぴょこぴょこ。


MC
・日頃の鬱憤
奨「みんな声おっきいね!日頃の鬱憤を感じました!」
そうだね!日頃のストレスが奨悟さんを目の前にすると浄化されていくよ!!

・ストラボでこんな企画やってるよ~
奨「LINE通話で僕相談やってるんですよ!」
私(前回相談ほとんどやってへんかったやないかあ)
奨「でね、すごい偶然があってまこさんていう看護士の方(多分まだ学生の方?)がいまして、二回相談したんですよ!お~久しぶり!みたいな!一回目の相談で僕の言葉で元気になってくれたみたいで、二回目はその報告だったんですけど、僕はなんて答えたっけ?てなったし、まこさんも奨悟くんになんて言われたっけ~?ってお互いになっててwスタッフさんにすごく笑われたんですけどw ちなみにこの中で相談したよって方います?」
お客さんで一人手をあげる。
奨「まこさん?」
客「違いますw」
奨「あっすみません…」

・本人ですけど?!
奨「僕は一人暮らしを始めて、家族と離ればなれになって、家族と過ごす時間が減ってしまったので旅行へ行こうってなったんですね。 今僕の家族の中でさんまがブームでして、岡山に行ったときさんまをみんなで食べてたんです。そしたら隣に女の子三人が座ってて、コソコソ話してるんです。二人が「あれ、阪本くんじゃない?」「絶対そうだよ」って言ってて。そしたら一人が「絶対違うよ!本物はもっとオーラ出てるよ!」って言ってて!カッチーン!って来ましたね!本人ですけど?!って言いに行こうかと思いました。でも大人なんで行きませんでしたけどね」
本人ですけど?!ってキレてる顔の奨悟さんの横顔は男前だったことを報告します。


・お兄ちゃんと旅したよ
奨「去年兄と倉敷に旅行しまして…。それがすごく楽しかったので今年も西日本へ旅に出たんです。鹿児島まで行って。で、それがすごく楽しかったんでこのまま東日本行くか~ってなって北海道まで行って、知床の奥まで行ってグルッとまわってきたんです。」
ここで、わたしは「というのは嘘なんですけど~」と入ると思ったらマジだった。
「だから二週間ちょっとくらい旅に出てたんですけど、それがすごく楽しかったんですね。なので、そのときの楽しい気持ちを曲にしました。皆さんもドライブになった気分で聞いてください」
ドライブに…なった気分…?
奨悟くん…わたしたちドライブにはなれないよ…(特撮的な意味で)
と言わんばかりにざわざわする客席。
奨悟くん自身は「チューニングしなきゃと思ってたからかんじゃった」と言ってたのに対して
「そういうことにしといてあげる」という客の絡みを「~ありがとうございますぅ」とちゃんと返してスマートに収めてて大人になったなあって思いました。今までだったり大阪だったら無視案件だ。

Sunday Drivingはマイクが合ってなかったせいか冒頭はあんま歌詞わからんかった~~~
歌ってる途中で後ろのスタッフさんに対してマイクの音量上げろと真剣な顔して指を上に向けて指示出してるのみて、「こ、これが噂の演奏中に出すスタッフ指示か~~!」と感動してました。
この姿とってもかっこよかった。
しかもしょうごさんも歌詞出とちった感じ?
曲調はあのふくやまさん的な爽やかなドライブ曲でした。

Sunday~に入るまでは割とにっこにこ!楽しい楽しい!してたんだけど、それ以降はクールダウンな演奏でした。
あの空の向こう~は、ゆったり体をゆらゆらさせながら歌ってた。


MC
・みなさん恋してますか?
奨「ところでみなさん、恋してますか?恋してるっていう人?」
(唐突にこいつは何を言うんだ…)
案の定とまどう観客たち。
奨「えっ…三人くらいしか手あがらなかったんだけど…みんな大丈夫?」
どうせ「あっ、みんな僕にしょごしょごですもんね!」とか言うんやろ…と思ってました。
奨「僕は恋してますよ(キリッ)」
ちがった!!パン君オチか!!
奨「皆さんに恋してますよ(キリッ)(指さし)」
きゃーーー!!なにこのこかわいい
あまーーーーーーーーーい!って叫ぶ井戸田さん呼びたくなったわ。
言った後、照れるわーと水飲むしょごさん顔赤かった。
奨「次の歌はラブソングです 大切な人を思い浮かべながら聞いてください。」


時を駆けてはずっと目を閉じて歌うんだけど、まつげ長いよね…
この歌の柔らかい声はしっとりしていて好き。


シャララの歌は、みんなで歌うやつ。
これはギター持たなかった。腕広げてぴょこぴょこしながら歌うのぐうかわ

MC
ここでもいっかいこの話題…だったかなあ?
・みなさんクリスマスの予定はありますか?
奨「ところで皆さんクリスマスは予定ありますか?」
観「おぉーー?!」
奨「僕はデートの予定ありますよ」
客「お、おぉー?!」
わたしはここで「パン君とね」て来ると思った
奨「みなさんとデートですよ(きりっ)」
客「ギャーッ」
奨「…めっちゃ恥ずかしい」(顔赤い)
手で顔仰ぎながら水飲む奨悟さん。
奨「自分で言ってて…久しぶりこんなにめっちゃ鳥肌たった!」
奨「クリスマスライブやります!皆さん、予定あけておいてください!」
ここで大阪は?と出た客からの質問には
奨「大阪?やりましょう!」
と答えた奨悟さん。勢いで答えた感じやけど、大丈夫かな…。勢いで進むしょごさんも好きだけど


・秋が近づくと人肌恋しくなるよね
奨「去年、旅行したあと結構時間あって…。さっき新曲披露しましたが、新曲一曲なわけないですよね?」
客「おーっ!」
奨「秋になってだんだん寒くなってきて人肌恋しくなる季節になりましたね」
時かけの前でも同じ話題出してたから、たぶんみんな「お、おぅ…」ってなってました。
奨「つまりラブソングです」


「雨の日も晴れの日も」は、自分に必死で恋人に気をかけれなくてすれちがっちゃっててごめん、でも君の大切さに気付いたんだ的な歌だったと思います。
これもやわらかいやさしい曲調だったかと。

一転して、ヘイヘイララは楽しく!
ここの変速拍手求めるしょごさん鬼…ってなりました。リズム感ない人間には裏拍で精一杯なんです…!!
だけどにっこにこしながら楽しく歌ってくれるので、そうだね、この歌はみんなで楽しく歌うものだもんねと納得させられちゃうわたしは単純な人間です。

一方でTWILIGHTはねー、ベースボーカルギターが一斉に縦ノリしだすから何事?!と思ったんだけど、ロック全開
なトワイライトで超超かっこよかった!!
このときのステージから放たれる陶酔感やばかった~。
今回のライブ唯一のロック調ナンバー。
ロックテイストのワンマンツアー思い出した。
トワイライト、最近やってない心中叫、TheSameを続けて一度やってほしいわ。。。。
わたしはあまり好まないのもあって、ロックな世界を知らない人間だけど、奨悟さんがやってくれるならついていきます。
それにこういった曲ので、赤い暗いライトの中浮かぶ奨悟さんの美しさよ。
奨悟さんの美しさと儚さが一番綺麗に演出されるから、 片側から白色ライトが当たるのすごく好き。


You Can Shine、ハルカゼと続くあたりが学祭想定してるなあって思う。
ユーキャンシャインは相変わらず明るくて楽しい曲だし、阪本奨悟を紹介するならわたしは絶対この曲を頭に持ってきます。ウケよいよね。


アンコールは、可愛くて勇気づけてくれる歌を二曲披露。
最後にこういうあったかい歌を歌ってくれる心境になっているのが嬉しい。
とても単純だけど、明日からの仕事、がんばろうっておもいました。


------レポ終わり-----
こっからは呟き。
今年、まともにライブのレポをあげたのがこの一本っていうのが、すごくショックっていうか。
去年奨悟くんが東京行くってなったとき、周知のためにレポ書く!!とか啖呵を(自分に)切ったくせに全然書けてなくて仕事を言い訳にかいてなかった自分に失望しましたわ。
世間で読まれているジャニヲタさんのブログには遠く及ばない文章力だし、これで奨悟くんの魅力が伝わるなんて思ってないけど、ていうか自分が後から読むために書いてたんだけど、今年奨悟くんを見れた回数少なかったのにレポ書かなかったのには後悔ひとしきり。
せめて学祭のレポはツイッターにあげてたのをまとめるくらいは年末までにはしたい…けど…。
クリスマスライブはなー、あげれる気がしないんだよねー!
仕事大詰めだし、帰省するからさー!(今から大声で言い訳)
でも、思いかえしてみれば2年前のクリスマスライブのレポも①しかあげないしな。一応②も書きかけっちゃあ書きかけなんだけど。
来年2016年はフェイスブックCEOのマーク・ザッカーバーグ氏 の名言「完璧を目指すよりまず終わらせろ」を胸にOTK活動に勤しもうと思います。
2015年振り返りと、阪本奨悟未来予想図と、来年の抱負をブログに書くことを目標に2015年残り一週間を過ごします。


みんなもイケメンの見納めに奨悟くんのクリスマスライブ(大阪25日、東京28日)見に行こう!!!