読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

(*゜ー゜)ノシ<こんにちば!

昔のライヴレポは若いときに書いたので察してください

2016/07/31 阪本奨悟 OVER THE HORIZON 2016 @OTODAMA SEASTUDIO

小学生ぶりに海行ってきました。

わたしの中で海といえば、家族旅行で毎年行っていた和歌山の白浜なのですが、由比ヶ浜は若者の海でした。a-nationの海の家にいるお客たちの選ばれし者感強かったです。

 

ひっさびさの海だったのでその準備がまず面倒でしたが、このフェスに参加したことで夏の思い出作れました。

海で足をジャブジャブさせただけでもすごく楽しかったよーーーー

今年、もう一回くらい海行ってもいいなって思いました。次は白浜行きたい。

 

 

f:id:chibachiwa:20160731231449j:image

f:id:chibachiwa:20160731232504p:plain

会場はOTODAMA SEA STUDIOというところ。

浜辺へ降りる階段のすぐ横にあるけれど、下は砂なので足元はビーサンなどがいい。

隣にOTODAMA SEA RESORTという海の家があって、唯一終演後までコインロッカーあいてる。(他のコインロッカーは17時まで)

 

会場内は大きな扇風機がいくつかあるし、壁の上部はあいてるから密閉された空間ではないんだけど、蒸し暑かった。風がある分外の方が涼しい。

会場の広さに対して客数がかなり多いというわけでもなかったようで、座席が設置されてて助かった。

入場際にリストバンドを巻かれた。再入場自由。

f:id:chibachiwa:20160731231434j:image

 ※本番以外は撮影可

 

セトリ

>>

リハーサル

勝手にシンドバッド

 

本編(順番あやふや)

 I Never Worry ~虹の向こうへ~

ながれ

Fly

オセロ

どぶろっくの替え歌

 Please me!!

<<

 衣装はグレイのインナーにまさかの「STARTING OVER」の羽織物!!

下はいつもの膝あきのジーンズ。

海ということでリハーサルですが…と「勝手にシンドバッド」を演奏。リハだけど客に声出し要求。笑

そしてそれに満足したせいか、直後の歌詞が飛び「間違えたー!!」と言い、「ふんふん~♪」とごまかし「胸騒ぎの腰つき」と三回目でおさえて終わり。

湘南では音響のせいでわんわんして細かい歌詞全く聞き取れなかったけれど、今回はばっちり聞けました。「さっきまで俺一人」からの早口なところ好き。

勝手にシンドバッドで会場をあたためたところで、アルバム曲披露。

汗だくになりながら歌う奨悟くんほんとかっこよかった~~~

I Neverで手拍子起こるかな?と思ったけれど、じっくり聞いてくれてる人が多かったみたいです。

Fly とオセロはもう本当にかっこいい。アコギ一本で聞けるのもこれが最後だと思って毎回聞いているんですが、かっこよさが褪せない。

オセロはMCはさまずいきなり始まるのがいいですね。演奏が途中崩れそうになることも多いなあと感じている曲ですが、今回は安定してました。

Flyのフェイク、音霊はすごくアツく歌っていました。ギター間奏もかきならしていてこちらも非常にかっこよかったです。(今までの中で三本の指に入るかっこよさ笑)

いろんなアレンジがされるからこの部分は毎回楽しみにしています。今日はアツいver.でした。

あー本当にFlyかっこいいよ~~~間奏に入る瞬間から来るぞ来るぞ…!!と思ってるもん。ワンマンではどんなアレンジで来るのか本当に楽しみ。

しかし最近転調部分不安定??

何が正解なのかよくわからんくなってくる今日このごろ。

 

このあと出演するどぶろっくの大ファンなので歌っていいですか?!とうきうきしながらどぶろっくしょごver.を歌う奨悟さん。

「もしかしてだけど~奨悟のライブ盛り上がってきてるんじゃないの~???」

と歌うのも反応できず、

客席\シーン/

そのときの奨悟くんのお顔、

(` ゚Å゚´;)

「えっうそ?」「はぁっ?」みたいな顔で今まで見たことなかったからほんと可愛かった~~~~

二回目以降はちゃんと反応しましたよ。

奨悟のこと気になってきてるんじゃないの~とか、Flyを買いたくなってきてるんじゃないの~とか。

最後は普通に宣伝してしまってすいません笑、という感じでしたが、こう、人のネタをしょごに使うのうまいしズルいわ。ごきげんに歌ってるから、もう好きにしてくれ…と思っていました。

ちなみに、奨悟さんがどぶろっく大好きアピールした後に出てきたどぶろっくのネタがものの見事に下ネタオンパレードだったので、男の人は本当にあれに共感できるのかとしょうごくんに聞いてみたい気持ちもあったけど、友達じゃないから聞かなかった !笑

ネタを初めて見たけど、あれはステージ用だったのかな。テレビじゃもうちょっとマイルドだよね。一個目のネタはおもしろかった。

 

そのあとはPlease me!!へ。

大きな手拍子を求め、客席いじり*1もしちゃう奨悟さん。「疲れちゃうからちょっと小さくしましょうか」とか、「僕はよくばりなので皆さんの声も聞きたいです!」と言って、「おとだま」コールをさせる。

マイクから離れ、ステージ上手下手へ移動して客席の声量チェックしていました。笑

途中から「さかもと」コールになったし、「Fly発売中」とか宣伝言わせてくるし、あーもーーーーー好き!!!!!!!ってなりました。

調子に乗る奨悟くんほど可愛いものはないです。

途中で、ワンマンの告知をしてなかったことを思い出したようで、つけたしたかのようにリズム刻みながら普通に告知してました。器用。

このまま曲に入るかと思いきや、

>>

奨悟「12、1234!!」

\おとだまー!!/

<<

というやりとりを数回繰り返されましたww 正直いつまでやらされるんやこれ…と思ってた。

しかもうまく反応できなくて、わたしは大体「…だまー!!」って叫んでた。

Please meは改めてすごくすごくご機嫌曲だな~~と思いました。

リズムがきっちりあたると気持ちがいいです。

 

歌い終わり、ギターを下ろすと案の定衣装に汗で濡れた後が…。

後ろ姿の羽織物まで色変っていたので相当汗かいたんだろうな。

 

 

奨悟くんの出番終了後、サインを書いてもらったのですが、奨悟くん汗だくだし、でも目は本当にキラキラしていてまぶしかったです。汗かいたせいか肌も白くふんわり発光してるし、目はキラキラだし、うっ…><となりました。

渋ラジでヒデさんが「キラキラした目で見てくる」と言っていましたが、いや~わたしもこんな体験できるとは~~~。

去年のモラージュ菖蒲でも、汗かいてキラキラした奨悟くんがまぶしすぎてまじで目が眩んでいましたが、一年後も同じ体験するとは思わなかった。

サインを受け取って、じりじり後ろに下がりながら本人と会話するという技を、今回やってのけてやりました。(キラキラの瞳に恐れをなして後ろに下がる。不可抗力)

大体第一声が「暑いですねー!!」でした。着替えた後も汗が止まらないようで、キラキラしてました。 

暑い中、お疲れさまでした。楽しい時間をありがとう。

 

 

f:id:chibachiwa:20160731231443j:image

ドリンクチケットはピックだった。

文字のところがホログラムになっていて、キラキラしていてかわいかった。



f:id:chibachiwa:20160731231429j:image

奨悟くんの物販も終わったからライブハウスから出たら大きな虹がかかってました。

しばらくかかってたんじゃないかな。

土砂降りと晴天が交互に来るやっかいな天気だったけれど、虹が見れたからハッピーだね。



f:id:chibachiwa:20160731231426j:image

\ここからが~~~~~???/

\Fly~~~~~~!!/

 


f:id:chibachiwa:20160731231405j:image

帰るときにとった入道雲。夏だった。

 

 

写真はフォロワーさんが撮影したのも自分が撮影したのも。

 

トップバッターのリリィさんを横で見ていた奨悟くん、大きめの伊達メガネをかけていてすっっごくかわいかった。伊達メガネ姿初めて見たけれどお顔の小ささが非常にわかりました…。

あと物販終了後の後ろ姿が本当に細くてびっくりした。細いって知ってたけど。

 

トップバッターのリリィさんが「名前だけでも覚えて帰ってください」と言っていたのに対し、奨悟くんは「名前だけじゃなく、顔も歌も覚えて帰ってください」って言っていたので、奨悟くんの貪欲さは本当にいいなあと思いました。

昔も奨悟くんは「名前だけでも」と言っていたけれど、今やモール、インストアライブで爪痕残そうとご当地ネタやら何やら仕込んでくるもんね。そういう努力怠らないところが好き。わたしも見習わないと。

 

*1:「そこの上半身裸のお兄さん、音がよく聞こえます!!」