読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

(*゜ー゜)ノシ<こんにちば!

昔のライヴレポは若いときに書いたので察してください

INFO & 参戦歴

me...
ち わ/女

阪本奨悟に必死です。
w-inds.はFCに入りながらまったり応援。
村井良大さんもまったり応援。


info
160102 参戦歴更新
140729 instagram追加
130430 はてなブログにお引っ越し
130220 twitter始めました

menu
twitter
twilog


link
阪本奨悟 official site
阪本奨悟 unofficial site


以下推しの変遷やら参戦歴やら。

続きを読む

阪本奨悟とメジャーデビュー

阪本奨悟

音楽を選んでくれてありがとう。音楽を続けてくれてありがとう。


LINE BLOGを読みました。
何回も読みました。
そっか、メジャーデビューか。
メジャー、デビュー、か。

lineblog.me

メジャーデビュー。

でも、やっとここまで来たかという感じですね。

大阪で路上LIVEしてた時は、ここが本当に遠く感じてましたから。

ハイネの主題歌に決定したと聞いたとき、これでメジャーデビューかな?と想像していたけれど、実際に発表されると、なんだか、不思議な感じ。本当にメジャーデビューするんだ。目標の一つが叶うんだ。
活動再開してから初めて見た奨悟くんは、綺麗な顔だちをした普通の男の子、という感じで一般人の奨悟くんでした。が、いずれ大きなステージで輝くべき人だと一目見て確信しました。
あの日から4年、ようやく、やっと、メジャーデビュー。


先日のラジオにて大阪時代を懐古する中で、初めて出演した対バンライブ(2012年クリスマス)に来た人いますか?という問いかけに答えられなかったのが悔しかった。
わたしも関西にいたので、難なく行けたはずなのに、ツイッターもやっていない情弱だったばかりに行けなかった。
でも、そのあとは必死に情報を探して、引退前と契約終了後の空白の期間を埋めるように対バンへ向かいました。

ライブハウスを転々として、お客さんが少なかった時に心折れた時も多々ありましたね。

お酒飲んでる時も、将来の不安ばっかり愚痴ってた気がします。

でも、聞いてくれる人たちに、そばにいてくれる人たちに背中押されながら、勇気をもらいながら頑張って歌ってきました。

本当にあの頃から、支えてくれてる人たちにまず改めて感謝したいです。

2.5舞台やらコンサートやらと被ったり、会場のアクセスが少し不便だと極端にお客さんが少ない日も度々あったよね。
聞いた中では10人もいなかった…とか?*1
そんな環境にも負けず、奨悟くんがコツコツ地道に活動を重ねて行ったおかげで、今の彼をわたしは見ることができています。
歌を続けてくれてありがとうと思うし、あのとき対バンに行った人たち、彼を支えた人たちみんなにわたしも感謝したい。
そして奨悟くんを応援しようと思った昔の自分にも感謝したい。
みんなにありがとう、です。

でも、メジャーデビューしたからといって、安心できる訳じゃないですよね!

そうなんです!

これからが本当の戦いなんです!!

アーティストとして、もっと力を付けていかないと、この場所では輝くことはできないです!!

だから、
不安はまだまだ消えてねえーぞ阪本ぉ!!!
油断してっと坂道から転げ落ちっぞさぁがもどぉ!!!!

と自分に喝を入れていかなくちゃいけないんです!!

「いずれ」東京に戻り表舞台に立つ、「いずれ」メジャーデビューするとは思っていたけれど、確かにまだまだスタートラインなんですよね。
でも、奨悟くんなら絶対やってくれると信じてます。
音楽をやりたいからと、仕事を辞めて地元に帰り、現実に打ちのめされながら諦めずに取り組み、時間はかかったけれどもう一度チャンスを掴むその根性と実力、尊敬しています。
思いかえせばわたしもこの4年、それなりにいろいろあったけれど、奨悟くんがいるからこそなんとか乗り越えてる部分が大きい。わたしも成し遂げなきゃいけないな。

皆さんに応援してもった分、Flyの歌詞の一節にもある「飛べるはずと助走つけて」いた今までの分、前に進んでいきます!

なので、皆さん僕についてきてください

もっと素敵な景色を見せられるように、頑張っていきます!

奨悟くんにどんな景色を見せてもらえるのか、本当に楽しみ。四年間ずーーーっと言ってるけど、毎日というか今が楽しい。もやもやしたりいらいらしたりすることも多々あるけど(笑)、ワクワクの方がとても大きい。
歌も俳優もがんばるって話してた。
どんな活動をするんだろう。どんな姿を見せて来るんだろう。
4年前に思い描いていた妄想が、今着実に現実となっていく過程を見ることができるなんて。
想像はしていても、実現するとなるとなんだかむず痒い。


3月9日のこと。
ラインライブでも披露した路上ライブの歌は聞けなかったのだけれど、エドシーランやシャララ、Fly、NEVERは聞くことができました。
Fly前、POLICEが近くを通り掛かり、一度やばいということでギターをスタッフに持ってもらいしばし待機時間が発生したのが路上感満載。
とがめられることがなかったので、路上ライブは再開されたのですが、遠慮からか少し控えめのFlyでした。でもゆうてクライマックスに向けてどんどんテンション上がっていく演奏でしたけどね!笑
ルーパーを使ってコーラスを重ねていくFlyは、何回聞いてもいい。重なっていく瞬間が好き。
最後に披露したNEVER、何百回でも書くけど、

輝きはまだ消えてないぜ
見てみろよ この世界を
弱虫の集まりだ

の部分が本当に好きで。
ワンマンでは叫ぶように終わるんだけど、この日の路上は優しい感じがした。少し、余裕を感じました。
やっぱり、ライブはナマモノですね。


路上に感動した後、ラジオでは相変わらずで笑った。
ラジオ開始前、インカメ向けられたから、キャーキャーしたら「普段はこんなにキャピキャピしてないんですよ~あっ言っちゃいけないですね」ってラインライブで話してたけど^▽^ラジオ始まってないからこっち聞いてないと思ったでしょう。聞いてますからねこっちは^▽^そういうとこ悔しいけど好き!愛されてるってわかってるからそういうこと言っちゃう感じ好き!悔しい!
あとは、二回ばかり猿芝居しあったところも笑った。
メジャーデビューが決まって、喜びのあまり涙を流す観客本当にいたかもなのに、二回めで「猿芝居は辞めましょう^^^^」って言い切ったのはさかもとさんらしい。
「もう~みんな泣かないで~」で困り眉で呼びかける猿芝居を始めたのはあっちなんですけどね…。
とはいいつつ、この日のラジオは率直な自分の気持ちを話していて、しんみりした。
輝かしいものではない大阪時代があったからこそ、今の奨悟くんがあるんだよね。
そして羽ばたくために、新しいステージに進むんだよね。
古いファンも新しいファンも大切にしてほしいな。




話題変わります。
フォロワーさんに教えてもらって渋谷ヒカリエへ誕生日ごとのフォーチューンカード、とりに行ってきました。
6月13日は阪本くんの誕生日。
f:id:chibachiwa:20170313012216j:plain
「敗者復活戦」
「以前よりも成長した心と体で、試練を乗り越えるチャンスが与えられた」
ま、まさに奨悟くんじゃないですか…!!
胸アツ激アツ。2017年もワクワクが止まらないわけだ。


ちなみに自分の分も確認したんですが、
f:id:chibachiwa:20170313012223j:plain
自分のプライベートについて、めちゃくちゃ、がんばったことが、正直ないっていうか…がんばったことって…奨悟くんを応援することしかまじでないので…メジャーデビューという目標(阪本さんのな!)も達成しちゃいますし…
願い事成就ってあるから、奨悟くん関連で何か良いことがあるんだろうなって信じてます。
ちょっと後半怖いけれど(笑)
「満足感はじきに物足りなさに変わります。」ってなんなの…もっと奨悟くんに売れてほしいって思うとかそういうこと?
さらに次のステージを目指す、ってなんなの…まさか次の沼予告ってこと…?!そーちゃんとかよしざーさんにハマるとか?!


…冗談はさておき。
※推しの誕生日と自分の誕生日を照らし合わせる遊び面白いよ。


改めまして奨悟くん、メジャーデビューおめでとう。
音楽を続けてくれてありがとう。音楽を選んでくれてありがとう。
これからも楽しみにしています。

*1:全国阪本化計画@モールライブ編でステージ出てきたらお客さん0人という伝説の記録を打ち立てちゃったので、しばらくはこの記録は破られることはないでしょう。