BREAKING DAWN

ゆるくしぶといファン

INFO & 参戦歴

me...
ち わ/女

阪本奨悟のゆるいしぶといファン。
w-inds.はFCに入りながらまったり応援。
村井良大さんもまったり応援。


info
160102 参戦歴更新
140729 instagram追加
130430 はてなブログにお引っ越し
130220 twitter始めました

menu
twitter
twilog


link
阪本奨悟 official site
阪本奨悟 unofficial site


以下推しの変遷やら参戦歴やら。

続きを読む

推しが結婚した ~悪友 vol.2恋愛、イベントの感想とか

今回の記事のまとめ

・小学生の時分から地味にファンをやってたw-inds.のリーダー 千葉涼平が結婚
・「悪友 vol.2恋愛」買いました。おもしろかったです。
・↑の発売記念イベント行きました。おもしろかったです。

涼平くんの結婚

彼に「推し」という表現を使うには違和感がある。
わたしの中高生時代の青春である、w-inds.千葉涼平くんがついに結婚したそうです。
本当におめでとうございます!
付き合って一年半でゴールインらしいけど、授かり婚じゃなくてよかった。
(授かり婚だったら、千葉さんに失望していたと思う。彼にはきちんと順番を踏むタイプであってほしいので)


さすがに彼もわたしもいい大人なので、素直におめでとう、といえます。
これが5年前とかだったら「あ、結婚するんですね…(引)」だし、
10年前だったらブチ切れてたなあ。わたしも年とったなあ。
ツイッターで反応探してたら、接触イベがあるたびにちばさんに結婚について尋ねていた猛者がいて、びっくりした。
(今回の結婚報道でわたしは知ったんですけど、ちばさんは今年春に金曜日されていたらしい笑)
ちばさんもファンもタフだなあ。


先週の武道館ライブにて、みんな集まってくれてありがとう~という話のくだりで、

KT「みんななんで今日いるの~~~??あっ、彼氏いないからか~^▽^^▽^……あっやっべ失言!」
(無邪気に言ってから焦るKT氏)
涼平「そんなことないよな!みんな彼氏いるよな!!!!」
(リーダーに強く言い切られたが、肯定も否定もできずとまどう観客)

というMCがあったんですが、結婚があったから彼氏いるよな発言したんだなあと思うと微笑ましい。^^^^

るーいち「俺はみんなの彼氏だからー」

とすかさずフォローしたおがた氏はさすがです。

KT「みんなの彼氏なの!?スケジュール管理大変だよ~~~」
るーいち「次のデートは……来年ココで会おうね♡♡♡」

三十超えてもアイドルのお手本を示するーいちさんぱねぇっす。


ところで、武道館のMCで思ったんですけど、推しの恋愛、結婚話を聞くのは平気ですが、振られると大抵困りますね。
奨悟くんも恋愛映画の主題歌を担当しているためか、最近ライブのMCやラジオで「みなさん恋愛してますかー?」とか言ってくるんですけど、「いや、まあ、それは…ね」と口もごもごする。

ヲタクと恋愛

「ヲタクと浪費」は言及しやすいのに、「ヲタクと恋愛」はなんだか距離を置いて見てしまう。
悪友シリーズ「悪友 Vol.2 恋愛」、今回も買いました。(前置きが長い)
「恋愛」と書きながらも既婚者の恋愛話があったり、若手俳優やキャラにリアコするをたくだったり、はて、「恋愛」とは…??とますますわからなくなりました。
発売記念イベントでは、アンケートの回答数は多いのにも関わらず、浪費と比べてツイッターやブログの自分の経験談を書く人が全然いないと、主催者が話していました。*1
普遍的ジャンル「恋愛」だけど、自分のことを書くとなると恥ずかしいし、なにぶんセンシティブな話題ですから。



本の感想。
「性欲をシン・ゴジラで断ち切る女」には圧倒されました。
TLに流れてくる感想において、よくこの話がよかったとあるんですが、タイトルだけでは、なんのこっちゃ、と思いますよね、わたしも思いました。
だけど、読んでみると、ああ、なるほどって思う。なるほど、だからシン・ゴジラで性欲を断ち切れたのか、と感心しました。
わたしの好きな海外ドラマ「クリミナルマインド」に出てくる犯罪者は、よくセックスできない代わりに殺人行為を行うことで快感を得る、と分析されています。代替行為で性的快感を得られるものなのか…?とドラマを見ながら思っていたので、もちろん殺人行為ではないんだけど派手な演出により快感得られるんだ、と実証された気分です。
先日開催された発売記念イベントに行ったら、この寄稿者から届いたお手紙が読み上げられたのですが、芥川ばりの名文続きで「天才ってやっぱぶっ飛んでるなあ」とあっけにとられるばかりでした。ちなみに今はハイローで性欲を断ち切ってるそうです。


「初彼が犬夜叉の女」も、初っぱなからこれ来るー?!と怯むタイトルなんだけど、こちらはラストがすっごく甘酸っぱかった。
この寄稿者の方は、発売記念イベントでゲストとして登壇されていたんですが、他に持っているエピソードがめちゃくちゃ強くて大いに笑いました。
特に笑ったのが、夏休み夢小説ばかり書いていたせいで自由研究ができていなかったため、書いた小説(ただし未完 )をすべて印刷し自由研究として提出したというエピソード。提出物は教室の後ろに並べられたものの、誰も読まず担任の先生からも特にコメントなく、きれいなまま返却されたのでがっかりした、と話していました。本人が話を淡々と進めるのに対し、会場からいちいち上がる悲鳴が面白かったです。もちろんわたしも悲鳴を上げた。(「印刷した小説を提出して…」「エェーーーーッ!!!」)


推しと結婚した女」と「恋バナ座談会」は勉強になりました。
一般的な恋愛論として参考になるし、ヲタク活動とパートナーとの折り合いのつけ方とか、失敗談とか、「なるほど~!気をつけよう~!」と気に命じた。
勉強にはなったけど、使う予定がない知識としては、「推しに近づくにはまずは業界おじさん」です。
余談ですが、先日3LDKのイベント行ったら隣がまさに業界おじさん的な関係者の方で、「ここから糸を掴むのか…」とドキドキしました。楽しかったです。*2
イベントで回収されたアンケートの紹介で、「彼には唯一神かのように扱われている。彼の最大ジャンルはわたしだ」みたいなコメントがあって、すごく羨ましかった。笑
目指すべきはこの領域だな~~~笑


結婚したい?結婚してほしい?

わたしは、結婚するまではゆるくヲタクをしぶとくやりたいし、結婚してからもゆるくヲタクをしぶとくやりたい。笑
普通に結婚したいし、普通に家庭を持ちたい。
家庭を持ってみたい自分としては、「大倉忠義と夫を天秤にかける女」もすごくよかった。ああいう心持ちで生活できると楽しいだろうなあ。
甘えまくった実家暮らしも、悠々自適と過ごせる一人暮らしもそこそこ楽しめたから、違う暮らしもやってみたい。
とはいえ、今はサラリーマンなので生活を変えるきっかけはあんまり自分で決められないんだけど、もし変わるときが来るなら、それまではトーキョーで楽しむつもり。まっ、ずーっとトーキョー一人暮らしかもしれないけど\(^o^)/


推しには幸せな結婚してほしいし、できるなら子どももできたら、いいな。(ただし、授かり婚はやめてほしい)
推しの遺伝子は後世に残してほしい。
かの有名な、あかにしじんのエターナル的なことと同じことです。(笑)*3
反対を言えば、不幸な結婚生活を送るくらいなら独り身でいてほしい。
遺伝子残してほしい→子どもを残す→結婚する、という推しへの希望が逆順になっているのですが、推しには幸せでいてほしいのが第一なので、究極言えば結婚しようがしまいがどっちでもいいです。
が、正直、っっっっしょーもない女性選ばれたら、それなりにきっとショック受けます。しかし、ショック受けても、「それでもあなたの演技が好き」「それであなたの歌が好き」と、芸で魅せてくれる人間であってほしい。推しがいのある人間になってほしい。
そうすれば、

「それがファンと推しとのEternalだし。 」

が実現されると思うんですよね。

発売記念イベント

発売記念イベント、面白かったです。こういうイベント、一度行ってみたかったので念願かなってうれしい。
ドリンクだけ頼むつもりが、揚げたこ焼きの匂いにガマンできなくてついつい頼んでしまった。(絶対冷凍たこ焼きなんだけど安心の美味しさ)
いろんなジャンルの女性が集ってて、人間観察もはかどりましたね。2次元が好きなんだろうなあ、とか、絶対ジャニヲタ、とか、絶対さとーりゅーじのファン、とか。笑
会場アンケートで、あの中に一般女性(※有名人と付き合っている彼女のこと)がいたらしく、どこまで本当かはわからんけど「トーキョーってすごいところだなア」と思いました。
担当とリア恋枠は違うという主催者同士の話の中で、「V6で言うと担当は三宅くんなんだけど、リア恋はいのっち」(\あ~/会場納得)「せとあさかになりたいってこと?!」「違う!」というやりとり笑いました。



ちなみにイベントで一番引いたし驚いたし印象に残っているのは、「大野智と不倫相手と旦那を等しく愛する女」は次のモモを募集していると発表(???)されたことです。こういう人っておるんやな…バイタリティ溢れてんな…


あっ、あと、イベント名物(???)勲章BOX*4には大変お世話になりました。(^▽^)/ これで次のCDがいっぱい届いてもスペースあるぞ~~~


阪本奨悟「HELLO」 Music Video (Movie ver.)



さいご

わたしが同人誌やイベントでヲタクの恋愛話をいろいろ見聞きした直後、人生の半分以上ファンやってた人が結婚したと発表しました。
冒頭でも書きましたが、わりとあっさり受け止められた自分にも驚きました。
わたしもなんとなくは大人になってきたんだ、って実感したし、少し寂しくなった。
うまくいえないけど、子どものときであればきっと抱いていただろう感情を失った気がしたんですよね。
それが良いことか悪いことかはわからないけど。


なんにせよ、日常の中で伴侶にときめき、ステージ上で輝く推しにときめく一生を送りたい。


I&YOU&I&YOU&I

I&YOU&I&YOU&I

↑本当は原曲貼りたかったんですが、なかったので。タンポポI&YOU&I&YOU&I」 のカバー。

何年たっても 映画を見るとき
手をつないで 感動したい
何年たっても 口づけするとき
どきどきして キュ〜ンとなりたい

*1:ちなみに匿名ダイアリー で 「悪友」 で検索したら、出てくる感想を紹介していました。匿名ダイアリーらしい感想で、なんともいえない気持ちになった

*2:もちろん、繋がりたい気持ちは一切ない^^^^

*3:あのコピペ、何回読み直してもインパクト強め

*4:抱えているCDやブロマイドやら在庫を突っ込む箱。参加者が自由に出し入れしてよい。