読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

(*゜ー゜)ノシ<こんにちば!

昔のライヴレポは若いときに書いたので察してください

2013/03/24 「日曜日から月曜日にかけての憂鬱を吹き飛ばす会」

live 阪本奨悟


えー行ってきました。
今のところ奨悟の出たライヴで4回中3回行ってるのでなかなかいい出席率でしょ?笑
4/3以降は控えようと思ってたんやけども、キラキラ奨悟がステキだったので行くことにしました^^
生執事とThe Shotを諦めた分費やそうかと。
あとミチシゲイレブンはどこか大阪昼夜確保できたら完璧!


というわけでレポです^^




セットリスト
1.Never
2.(新曲)
3.Treasure
4.時をかけて
5.心中叫

衣装は2月10日17日と同じピンクのトップスとジーンズ。
2月はステージ前のチューニングをスタッフさんがやっていて、なんとはなしに次奨悟なんだろなて客席も感じて、緊張感漂ってたのに対して、今回は奨悟本人がコードとギターを手に持って入って来て準備していたのを客が微笑ましく見る図になっていて、回数重ねると本人も客席も変わるもんだなあと思いました。
個人的感覚なんやけども。
今までドキドキしながら見守ってたもの。
準備し終わってギターのベルト(?)を肩にかけてPAに合図してから照れ笑いしながら横にふいって向くしょーごさんが超カワでした^//^

「こんばんは!阪本奨悟です!一曲目聞いてくださいNever」

で元気よく入ったNever。
「一曲目聞いてください」が関西弁入っててわーおってなりました。もっと関西弁のイントネ出してくれていいのに…!!
今までもなんやけど、一曲目奨悟くんは前奏部分から全体を丁寧に見回してくれるので、目が合ったと勘違いできる^//^
一列目二列目三列目、ちゃーんと見てくれるんですよ、勘違いだろうけど^//^
それはさておき、この曲のサビほんと好き。気づいたら口ずさんでる。
英語のリスニング力は皆無なので歌詞は書き出せないですけど
二番前に「楽しんでいきましょう!」って声かけたり、勢いで駆けていく感じが好き。
「よくできた世界だ」「本当の言葉もかき消されていく」
歌詞覚えられない質なんであれなんやけども、二番以降の歌詞が好き。
この世界は腐ってるけどでもがんばるよ 的な歌詞でした。(ものすごくむりくり要約してます)
「見てみろよ この世界は 弱虫の集まりだ」←一番好きなフレーズ


奨悟「このまま上げていきましょう!!」
客席「フーーー!!」

新曲?かな、超さわやかに二曲目はじまりました。
「ロンリー」「ストーリー」「スマイリー」「一人」
みたいな感じで韻踏んでるとこが数カ所あって、最初の「りー」のとこにもう持ってかれたわ^p^
「君」に語りかける明るい曲でした。



改めまして阪本奨悟です
忙しい中ありがとうございます笑
明日月曜なのに大丈夫ですかみなさん?
おそくまですいません (客席;笑)
憂鬱を吹き飛ばしましょうか!(客席;ふー)


さっきからずっとそこで拝見させてもらってたんですが…
本当にすばらしい、胸に届く、演奏をされるいろんなアーティストの方がいらっしゃって…
ぼくもがんばんなきゃなあと率直に思います(照れ笑い)


えーとあと報告があります
今CDを作ってます!(客席;ふー)
このCDがてすね、せーなさんのいってた4月3日に発売されます!
とりあえず自分で100枚を目標にしてちょっと挑戦してみました!
(拍手)
そのなかですね、アルバムタイトルを「this is me」にしたんです。
理由は、なにかにあつくなってたのしくなって無我夢中になってやっているときが、一番自分だなあと感じると思うんです僕は。
僕は、まさにライヴやってるこのときじゃないんかと。
こういう…一体感…がね?w(客席;笑)みなさんと一体になっているときが一番楽しいです。


つらいことがあっても前を向いて頑張って行きましょう
という思いを込めて作った曲があります。
Treasure

三曲目から突然汗ダクダクになりはじめたしょーごさん。ww
ただでさえ輝いてるのにさらに輝いてましてたわ。MC挟んで四曲目行ってからはひいたようだったけど。
奨悟くんって、音のばして切るときにちょっと右に顔振るよね
この曲では特に顕著だったと思う
あと目をつぶって><て顔になるのがぐうかわ
顎をちょっと上に向けて細目になる表情も切なげで好き!
「失くしたものたちは 戻らない」
「失くしたものたちは 捨てて」←裏声、ビブラート、ステキ!
あと奨悟くんのライヴで好きなところは、曲が終わってもすぐフー言ったり拍手しないところ。
奨悟くんの演奏を最後まで聞くところがいい
一息置いて奨悟くんがありがとうございましたって言ってから拍手するのって、すごくいいなあとこの曲で思いました


あついですねぇ!
口もすごい乾燥…
(といいながらポケットからリップクリームを取り出し、ポンと音を立てて蓋あけて塗る奨悟くん。客爆笑)
え?乾燥するんで^^リップがね^^いっつも持ち歩いてるんです^^


……えーこんなくだらないことをしながらですね (客席;笑)
えへへ…楽しんでくれてますか?
毎回ライヴをやるたびにみなさんからいただいてる感じがしてですね、逆に僕がとてつもない元気な力を頂いてる気がします。
ツイッターやってるんですけど、僕。ツイッターでもよく…リプっていうんですか?リプライン?リプ…(客席;笑)メッセージですね^^笑、
をいただいてですね、励みになってます
全部読んでるんですよ
一言一言もうすごくありがたくて…


泣きそうになっちゃう。(客席;笑)くらいありがたくて…。
こういうことしたいああいうことしたいみんなに伝えたい、やるたんびにですね生まれてきましてね、
その中で新しい曲ができてですね、
皆さんのために作った曲です

「時をかけて」というバラードです
聞いてください

なんていうか、二曲目もキラキラしてたけど、こちらの新曲も静かにキラキラしてるの
語尾が貧相でうまく伝えられないのがもどかしい><
「ずっと一緒にいたいなんて思うなんて叶うはずもないのかな」
「こんな僕は生まれて初めてなんだ」
「いつか二人で約束してた場所へいこう」
「もっと近づきたくて」
皆さんのために作った曲です、と言われて心の中で「そんな、もう、いいのに…!!っっリップサービスなんでしょ////」とかアホなこと考えてました。笑
しかしまあ、すんごく優しい曲でした。
Neverとか心中叫とか現実に対して斜に構える…厨二くさい歌詞(超端的に書いてます)で、曲も鳴らしていく感じなのに、この新曲のバラードはただただ優しかった。
前回歌った「大切なこと」と今回の「時をかけて」、奨悟くんの心境の変化の結果でこういう曲が作られたのって、なんかいいですね
わたしなんてただライヴに行って手紙出すくらいしかできないけれど、奨悟くんに少しでも応援していることが伝わったようで、嬉しかったです。
MCもちょけてる奨悟さんがちゃんといて安心した。笑
ポンって音たててリップクリームあけたのめっちゃおもしろかったよ、顔を少し背けて目を右下にやりながら塗り塗りするのぐうかわ(相変わらずですみません^////^)

ラスト一曲です
(客席;えー)
わかってますねー
(客席;笑)
えへへ、みんなわかってますね笑、手拍子お願いします!!

「心中叫」…しんちゅうきょうって読むのかな?単純?笑
サビの「悩み殺して 叫び殺して」のフレーズが本当に大好きで。
初めて奨悟のライヴに行った時からこれが頭の中でグルグルしてる。
声はちょっと苦しげだったかな?前半は割と声伸びていたように思うんやけど。
大好き
「歩きましょうか」

ありがとうございました!
このあともあるんで楽しんでいってください

とびっきりの笑顔で手を振って片づけて、最後にありがとう!といってはけていった奨悟くん。
本当に大好きだと思った



前回よりも髪がちょっと伸びて 個人的にどんぴしゃ髪形の登場でテンション上がりました。
八重歯出しながら照れ笑いしたり、えへへと笑ったり、MCしたり、なんかねーやっぱ輝いてるわ、彼。


春休みの日曜日でもうギュウギュウなのかな…と焦って遅めに入場したんやけども、そうでもなくて逆にびっくりしたわ。
春休みなのにこんなものなのか…って思ったの。
奨悟ステージ直後にざっと数えたんやけども、奨悟目当てで来たであろう人は暫定30人弱。もっと来ると思ったんだけどなあ、きっとみんなレコ発に出て来るのね。^^


二曲目の新曲で思ったんやけど、奨悟くんは歌うことがやっぱ好きなんやなあと。
今の規模が今の彼に一番合ってるのかなあ
マイペースに発信して続けてくれることが嬉しいんだけど、やっぱり…一ファンとしておっきな箱にたってほしいな。
しかしワンマンにはまだまだ遠いですかね。


MCでも他の方のステージを見てたと話していたけど、奨悟くんの次の方のステージ見てたとき脇を通り抜けていく人がいて、そのあとふいって後ろ向いたら普通に一番後ろに奨悟くん壁にもたれかかって水飲んでましたわ…!!!!
会場に入場したときすれ違いになった男の子がいて、「えーまさかー」って思ってたけどどうやら奨悟くんだったようで。
マスクして上にパーカー着てたからわかんなかったけど、なんていうか、もうすぐあるドリライで沸かしてた彼がすぐそこにいる、同じ小さな空間共有してるって不思議な感じですね。
パーカーのデザインもっと見たかったわ…たぶん黒地に白の英字が入ってる感じのやつ。ほんと奨悟くんが背後にいるときの緊張感まじぱないからね!笑 だっていつも前に、見える範囲にいるんだもの! 思考止まったわ!


まあそんな感じでなんやかんや楽しかったです
あんなキラキラした男の子そうそういないよ?
ああいう子と少しでも同じ時空間を共有できて嬉しい
今の感じを大事にしていってほしいと思う反面、またデビューしてきらびやかな世界にたってほしいと思う。
どちらでも応援することにかわりはないんやけど…
なんともいえないこのもどかしい気持ちがねぇ
しかし東京から戻ってきてあんな優しい歌を書いたんだから、もうしばらくこうしてファンの方々と見守っていくことが一番なんだろうと。


とりあえずわたしはおまいつ状態になって老害にならないように気をつけます^^
4月3日楽しみだけどどれくらい本気出して並べばいいのかしらーーーーっ