BREAKING DAWN(仮)

阪本奨悟のしぶといファンをしています

チケットお別れ会

永遠に半券の切られることのないチケットとお別れしてきました。

時系列順の振り返り

2016/12/9 進撃の巨人 舞台化発表

原作もアニメも特に興味ないし、気になる俳優さんが出るようなタイトルでもないので、「わーやっぱり舞台化するんだー」という程度のテンションでした。
そして見に行く気もこれっっっっぽっっっっっっちもなかった。
テニミュを見に行ったらフライヤーが入っていたので、「主人公はあの子かなー?どの子かなー???」と話題にはしていたけれど。

2017/1/?? ラジオにて、「紅蓮の弓矢」を流す

奨悟くんのレギュラー番組、渋谷のラジオの学校でこの曲を流していました。
好きなアニメのOPという理由…だったかな?、唐突に流すし、Linked Horizonをしどろもどろに読み上げていたので、「なんで今この時期に流すの?笑 しかもアーティスト名すんなり読めてないよ~~><;;」と、わたしと周りはまっっっっっったく舞台出演の可能性を見いだしませんでした。
今思えばなかなかの匂わせやったな。まっっっっっっっったく気付かんかったので奨悟くんは策士です。

2017/2/6 キャスト&スタッフ発表 第一弾

忘れもしません。日曜日夜12時という社会人に優しくない時間に衝撃の発表でした。
さ、さかもとしょうごがあるみん…??あのさかもとしょうご舞台に出んの??しかも進撃??しかもアルミン?!?!
あわててビジュアル見に行ったら、えっ…なんか画面全体的に暗くない…????金髪ちゃうやんけ…
というわけで混乱のまま書いたブログが↓です。
s2xxx.hateblo.jp
このときのとまどいのブログ読み返したらテンションおかしくて笑った。後半完全に阪本さんの宣伝です。

2017/2/13 キャスト発表 第二弾

えんやさんやほんだれおくんあたりが発表されましたね。
このときもやっぱり夜更かしが酷かった。(日曜日夜12時はアカン)

2017/2~ チケット先行が始まる

蓋を開けてみると、事前に知らされていたよりもすごく先行が多かった。
夏をぶち抜く公演数(55公演)といううたい文句にふさわしい先行の数。
あまりにも先行が多いので、こういうときに備えてガントチャート付の手帳を購入した自分をほめてあげたい。
とはいえ、結局公式サイトとアミュモバの先行くらいしか使わなかったですけれど。
まあ~~~プレミアムプレビュー初日がとれなかったです。周りでとれている方はたくさんいたけれど、なんであんなにとれなかったんだろう。
先行ではあたらなかったので、プレ販売で席種変えてあっさり抑えました。
初日大楽以外はかなり余裕でとれました。
メルマガ会員の先着販売で最前を抑え(購入前に座席がわかる)、その一週間後に友人がそれぞれ同じ公演同じ席種を抑えた結果、三連番できたくらいです。

2017/4/9 新キービジュアル発表

奨悟くんの4/8東京ワンマン翌日、全国阪本化計画in熊谷へ向かう車中で発表された新キービジュアル。
はいっ、アルミンが金髪です。ド金髪です。しょごミン(本人が気に入っている愛称です。自ら路上ライブやモールライブで「しょごミンがいますよ~~~^▽^」と言うくらい気に入っていました。念のため。)がド金髪です。
当初のキービジュ発表のときに下がった分、期待値うなぎ上りですわ。コメント映像まで撮っちゃっててねえ~~~??!!
えんやリヴァイも非常にかっこよくて、2.5次元舞台のワクワクを体現してました。2.5はこうでなくっちゃ。
しかも日曜日お昼12時に発表ですよ。
キービジュも発表のタイミングもやればできるのになんで今までやらんかってんというレベル。
震えながら電車を降りました。

2017/4/10 事故について報道

会場の使用目的や何をしていたかは当時発表されていなかったけれど、 吉野和剛さんの名前で進撃関係ではないかという推測が流れていました。
クロバット監督としてクレジットされていましたし。
新キービジュで沸いた翌日であり、あまり詳しい報道もなかったので、とりあえず公式発表を待つしかありません。

2017/4/13 公演中止の発表

やはり、と思うしかない発表。
ただの観客のわたしたちは受け入れるしかないのです。

払い戻しについて

チケットをただ並べたお別れ会をしましたが(ただしアミュモバ分は公演二週間前発券なので欠席)、枚数がそれなりにあり、悲しい笑いでした。
コンビニで、チケットが回収される代わりに戻ってきた諭吉はすぐATMへ送り出しました。
友人間の清算も済ませ、あとはアミュモバ分の返金手続を待つのみです。


ちなみに払い戻しをしてわかったことは、チケット発券はできるだけ自宅や学校、職場等の近辺でやるべきです。
払い戻しが発生した場合、ローソンは発券した店舗でなくてもいけそうな雰囲気でしたが、セブンは発券店舗でないと払い戻しできません。行くのが難しければ、郵送で対応してもらえるようですが手間もお金もかかります。
ローチケは決済手数料がかからなかったので(たぶん)、全額戻ってきましたが、申し込み数ごとにかかる決済手数料216円や配送料は戻ってきません。
チケット1枚ごとにかかる手数料は戻ってきます。メルマガ先行は838円でした。
払い戻しは1枚単位なので、手数料も1枚単位で小銭で戻ってきます。封筒がずっしりでした。お金の重みを感じます。

最後に

もともと複雑な思いを抱えていた舞台だけれど、公演を見てみたかった、という気持ちは正直あります。
総勢150人のキャストがどう出てくるのか予想しながら指折り初日を待つことはなくなりました。
グッズをひたすら購入する機会もなくなりました。
7年ぶりに出演する舞台を最前で見ることもなくなりました。
ケガをしないかドキドキハラハラしながら過ごす一夏もなくなりました。
チケットお別れ会をすることで、気持ちに一区切りつけたつもりですが、現状一区切りつけきれないため、今回この記事を書きました。


改めまして、吉野和剛さんのご冥福を心よりお祈りいたします。